ぎっくり腰後の腰痛と左腕の痛みが改善した60代女性

痛みのない整体「すまいる整体院」からこんにちは

院長の中西です

7月初旬から通院されていた60代の女性からその後の報告の電話をいただきました

最後の来院は8月下旬で一カ月以上経過しています

調子はすこぶる好調で今までにない体の軽さにとても感動されている様子でした

来院時の主訴はぎっくり腰をしてからの慢性的な腰痛と左腕の痛みでした

腰はコルセットを使用されていました

この方の場合、立ち仕事をしながらの通院でした

通院当初は調子良く改善していましたが途中無理をして一度痛みが再発してしまいました

ここで諦めずに通院を継続された事が根本的な改善の大きなカギになったと思います

最後に来院されたのは8月の下旬です

通院回数は16回でした

少しずつ間隔を空けて歪みを整える自己療法を身につけていただいたので

今後よほどの事がない限り再発もないと思います

卒業されていく方々には共通した特徴があります

●自分の力で良くなりたいという気持ちが強い

●通院するための時間を優先的に工夫して作る努力をする

●自分の理想通りに改善しなくてもすぐには諦めない

●過去の自分の悪い点を認めて自分を変えるための行動を起こす

●改善している点を素直に喜び自分から報告する

一方で途中で通院を諦める方がいらっしゃるのも事実です

初期の段階で健康を取り戻すために大切な事を説明して心得をお渡ししていますが

ご理解いただけない様です

こういった方々に共通する事は

●治してくださいという依存的な考えが根本的にある

●指定した通院ペースに従わない(優先的に時間を作ろうとしない)

●自分の理想通りに改善しないと諦める

●過去の自分の悪い点を変える行動を素直に起こさない(言い訳をする)

●改善している部分があってもまだ残っている不調を強調する(新たな不調を強調する場合もある)

自分の体は自分のものであり今の体の状態をつくったのも自分です

今後、良くなるも悪くなるも自分に一番の責任があると言う事を認めるのがとても大切です

誰かや何かに責任転嫁しても前に進めません

こういった事は当てはまる人ほど言われて気持ちの良い事ではありません

しかし、健康になるためには避けて通れない事なので

あえて説明させていただいています

根本的に改善していくのはこの事実を素直に認め

自分を変えるための努力を続けた方々です

私は効果が一日も早く出るようにお手伝いをしたに過ぎません

私自身も説明不足ややる気を引き出す事の下手さを反省する事が多くあります

現状の至らない点を素直に認め変わるための努力を続けて

一人でも多くの方を卒業に導きたいと思います

これからも健康と笑顔の輪を広げていきたいです

すまいる整体院の症例日記-未設定

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA