腰椎椎間板ヘルニアの特徴

福岡市早良区西新駅より徒歩3分

すまいる整体院

院長の中西です

今日来られたひどい腰痛の患者さんからヘルニアについて質問を受けました

椎間板ヘルニアは重症の腰痛ですが

ヘルニアがあっても症状が出るとは限りません

症状が出た場合の特徴は

・腰から足にかけての激痛

・腰の痛みと足のしびれ

・足に力が入りにくくなる

・痛み止めがほぼ効かない

・冷やしても温めても痛みが取れない

・座っていられない・特に乗り物に乗ると痛みが悪化する

・症状がひどくなると寝ていても痛い

・痛みが何カ月も続く

・咳やくしゃみで腰が痛む

以上のような条件に当てはまる方はかなり可能性が高いです

ここで似たような腰の痛みにぎっくり腰があります

こちらはふとした拍子に腰に痛みが走り

時間の経過とともに痛みがどんどん強くなります

ヘルニアが背骨の間の軟骨が飛び出ているのに対して

ぎっくり腰は腰を支えている筋肉や靭帯を痛めていたり

腰の骨が微妙にズレて関節痛を生じた状態です

安静にしていれば数日のうちに

取りあえず痛みは軽くなっていきます

ただしきちんと歪みを良くしておかないと

繰り返して椎間板ヘルニアに移行していく可能性があります

以上参考にされてください(‐^▽^‐)

※当院は医療機関ではありませんので診断は致しません

 出ている症状とカウンセリングから施術方針を立てております

   慢性腰痛から椎間板ヘルニアの診断を受けた方まで

    あなたの腰痛にベストの施術を行います

     予約優先制:092-822-3111


http://www.smile-seitaiin.com/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA