体は動くことで健康を維持します

人間は進化の過程で二足歩行になったため

腰の負担が増えて腰痛という宿命を背負った!

なんか納得する一文ですよね

皆さんはどう思いますか?

私はこれはちょっと違うと思っています

わざわざ痛くなるように動物の体が進化するっておかしいと思うのです・・・

二足歩行になって両手を自由に使えるようになった人間は

脳が急激に発達して道具を使う事を覚えてしまったため

本来の動物としての体の動きをしなくなったためだと思うのです

長い進化の過程から比べてあまりにも急激に生活様式が変わってしまい

体がついていけなくなっているのではないかと思います

(急激と言っても1万年は経っていると思いますが・・・)

一つの理由として

骨の細胞は体が動く事によって伝わる振動をサインとして

活発に生まれ変わると言われています

また、今から何千年も前から

体を動かさずに美食を繰り返していた特権階級の人間のなかには

今で言う生活習慣病がすでに発症していたと言われています

適度に食べて適度に体を動かすことで

体は健康を保つと言うのが基本のようです

体を動かすといっても

歩く、軽く走る程度でよいと思います

ナマケモノの様にほとんど動かない動物もいますが

便利さと引き換えに動く事が少なくなった人間は

意識的に運動をする必要があるようです

smileinchouのブログ-未設定

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA