坐骨神経痛って何?

よく聞く症状だと思いますがどういった症状なのでしょうか?

いわゆる坐骨神経痛と言われる痛みは腰の骨と骨の間にある椎間板が飛び出して神経にあたっていることが原因です。
腰からお尻、太ももの裏から足先にまでしびれや痛みが出ます。ひどい方は膝を伸ばして立つことができません。

k2312613.jpg

しかし、この坐骨神経痛に似た症状で腰が原因ではないものがあります。原因は股関節と骨盤をつなぐ筋肉の捻れです。坐骨神経痛と同じようにお尻から足先にかけて痛みやしびれが出ます。

thumbnailCA7Q1QAH.jpg

私が現場で診ているかぎりでは後者の方が多いようです。改善するのにもさほど回数はかかりませんので病院でヘルニアや坐骨神経痛の診断を受けた方が腰の調整をせずに痛みが取れることにとても驚かれます。私はいつも病院の診断を参考に不調者さんの痛みの出方と体の動きや歪みを総合的に診て原因を見つけるように心がけています。原因がわかれば改善方法も自ずと見えてきますから回数の目安もつくというわけです。ただし、全ての不調者さんに共通して言えることは「良くなりたい!」という気持ちで私生活の改善に取り組んでいる方が早く良くなるということです。

thumbnailCAAERO1M.jpg

お互いの協力関係が大切なんですよ!

顔イラスト②.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA